医療脱毛とエステサロンの脱毛の違い

「今年こそ脱毛をしよう!」と思った時にまず目に入るのはCMや広告でよく見かけるエステサロンだと思います。
しかし、「エステって高そうだし、勧誘も不安…」なんて声をよく聞きます。

自宅処理以外の方法で脱毛する場合、クリニックを選ぶのかエステサロンを選ぶのかは両者のメリットデメリットをしっかり把握した上で判断するようにしましょう。

クリニックでのレーザー脱毛

クリニックでの脱毛は医療行為です。
エステサロンに比べ、短期間での費用対効果が高い脱毛方法ですが、黒色に反応するレーザーを使用し、毛根を破壊する方法ですので痛みを伴うというところがデメリットです。

施術を何回か繰り返し、ムダ毛が薄くなってくると痛みも落ち着いてくるという声がほとんどですが、ムダ毛が濃い初期や慣れないうちは痛みを覚悟しておくことが必要でしょう。
「早く確実に永久脱毛したい」人はクリニックでのレーザー脱毛をオススメします。

エステサロンでの光脱毛

エステサロンでも「レーザー脱毛」と宣伝しているところがありますが、正確に言うとレーザー脱毛は医療行為になりますので、エステサロンでは行えません。
エステサロンで行っている脱毛は光を使って毛根を破壊するという方法で、レーザー脱毛と方法自体は変わりませんが光の照射量が弱いものになります。

短期間で高い効果を出すことは難しいですが、一定期間通うことで効果が期待できるものです。
また、光が弱いので痛みを伴いにくいというメリットがあります。