医療脱毛で痛みを感じやすい部位

脱毛は脱毛でも医療脱毛には痛みはつきものです。
痛みがほとんどないことを宣伝しているところもありますが、全くないということはありません。

一般的には「輪ゴムでパチンとはじかれたような痛み」と言われますが、脱毛部位や人によって感じ方はそれぞれ。
「冷や汗が出るほど痛い」という人もいれば「毛抜きと変わらないくらい」という人もいます。
また、皮膚の薄さによっても感じ方が違うのです。

痛みを感じやすい部位

黒色の部分に反応し毛根を破壊するレーザーを使いますので、ムダ毛の濃い部分、皮膚の薄い部分は痛みを感じやすくなります。

具体的には眉毛・鼻下・脇・うなじ・ひざ下・デリケートゾーンなど濃く太い毛が密集している部位は特に痛みを感じやすいといわれます。
基本的には、生理前後や日焼け後は皮膚がいつもよりも敏感になっていますので脱毛に行くことは避けたほうが良いでしょう。

顔や体の脱毛において我慢できないという人はそう多くはありません。
ほとんどの場合は何とか耐えられるのですが、VIOなどのデリケートゾーンなど濃い毛が密集している部位などはさすがに耐えられないという人もいます。

そのような場合にはレーザーの出力を下げてもらったり、どうしても痛みに耐えられない場合は麻酔をかけることができるところもあります。
麻酔と言ってもクリームを塗る程度の軽いものなのですが、別料金がかかる場合がほとんどです。
冷やしながら施術すると痛みが和らぐ場合もあるので相談してみると良いでしょう。