脇脱毛の痛みはどのくらい?みんな我慢しているの?

暖かくなり、半袖・ノースリーブなどの露出の多い洋服や水着を着る季節になるとどうしても気になるのが「ムダ毛」です。
特に脇は太い血管やリンパ腺が通っている部位なのでどうしても濃く太いムダ毛が生えてきてしまいます。

女性としては、電車に乗っていて吊革につかまる時など、腕を上げるのも心配になりますよね。
脇脱毛をしてきれいに処理しておきたいと願う女性も多いでしょう。

脇脱毛の主な4つの方法

電気シェーバー画像

1つ目は電気シェーバーです。
家庭での処理になりますので費用はとても安く済みますが、肌への負担や剃り残しが気になってしまう方法です。

家庭用脱毛器の画像

2つ目は家庭用脱毛器です。
こちらはエステサロンと同様の効果が期待できます。
ただ、エステサロンと同じ効果のある器具を買うとなると費用がかかることがデメリットです。

医療脱毛の画像

3つ目は医療脱毛です。
クリニックで受けることができる医療行為なので比較的短期間で最も効果が出やすいです。
しかし、価格が高いことと、毛根を破壊して脱毛する方法なのでそれなりの痛みを伴います。

脱毛エステサロン画像

4つ目は脱毛エステサロンです。
医療脱毛ほどの強い効果は期待できませんが、長期間通うことでしっかり効果が出ます。
医療脱毛よりも価格は安く、肌の手入れもしてもらえるので肌全体がきれいになりますが、脇脱毛 回数に通う手間はかかります。

脇の脱毛の痛みはどの程度?

医療脱毛の場合痛みは避けられません。
一般的には「輪ゴムでパチンとはじく程度」と言われますが、感じ方はひとそれぞれ。

冷や汗をかきながら我慢したという人もいますし、毛抜きで抜くときと変わらない程度だったという人もいます。
特に皮膚の薄いところなどは痛みを感じやすいので、脇脱毛の場合はお腹や背中よりは痛みを伴うと覚悟しておいたほうが良いでしょう。